トップページ | 設計の作法 | ディテールを大切にする

設計の作法

ディテールを大切にする

設計は複雑な問題を単純化する作業で、
あらゆる角度から物事を考える必要があります。
頭だけでなく手を動かし何枚も図面を描くことで、
はじめてアイディアが生まれ、そうしたディティール(細部)の検討は、
上質な空間の実現には不可欠なことです。