トップページ | 設計の作法 | シンプルであること

設計の作法

シンプルであること

シンプルであることは、住まいのあらゆる面で良い影響があります。
コストや雨仕舞、メンテナンス性など、実用的な面だけでなく、
飽きがこない、周辺環境に溶け込みやすい佇まい、
何より、誰もが「ほっ」とできる安心感があります。
一つの屋根のもとでの一体的な暮らしを意識して、
問題を複雑化せず、単純化することは、
日本的な美意識がバックボーンになっています。