トップページ | uchida建築アトリエのしごと

uchida建築アトリエのしごと   マイスターの紹介   家づくりのプロセス
uchida建築アトリエのしごと
uchida建築アトリエのしごと

人に向き合い、ものづくりにいそしむ。

 
「人に向き合い、ものづくりにいそしむ。」
この言葉は、uchida建築アトリエの行動指針です。
ここでは私たちの「家づくりというしごと」に対する考え方について語ります。
建築は全体である
建築は全体である

技術の進歩が時間との向き合い方を変化させることもあります。民家や町家の佇まいには情緒がありますが、快適とは言い難いのが現実です。しかし、高性能な断熱材、性能の高い窓や設備などは、人との親和性を減らすことなく、快適性を獲得することに貢献します。そして、デザインそのものも機能であり、装置であると考えています。空間のカタチが快適さを生み出すベースになるということです。単に陽射しや風を取り込むということだけではなく、熱や空気を動かすことはデザインでできるということです。住宅建築の巨匠・吉村順三の代表作である吉村山荘を見学した時、それを痛感しました。設備もデザインの中に取り込むということ、建築は全体であるということです。そして、人間そのものも普遍的な要素の一つだと思っています。技術や暮らし方が変わっても、人間の本質はそう変わりません。ヒューマンスケールであること、暑い寒いもそうですが、何を見たら美しいと感じるか、どうしたら心地よいと感じるかは、今も昔も基本的には同じだと思います。広々とした空間は気持ちがいいと感じる一方で、落ち着かないこともあります。視覚だけでなく、聴覚、触覚など、五感で感じる心地よさも時間に向き合うことの大切な要素だと思います。

つくるために描く
つくるために描く

家業に戻る前は、建築家・椎名英三の事務所で図面を描いていました。椎名さんからはつねに“建築を愛しなさい”と教えられました。時代によって廃れてしまうのではいいデザインとはいえないわけで、あの家が建ってから、あの場所が良くなったね、そう言われるような住宅を建てたいものです。私たちの強みは、描くことと、つくることが一体であることです。しかも、描くことも、つくることも“手仕事”にこだわっています。今は設計事務所でもコンピュータで図面を描いているところが多いようですが、私は未だに手描きです。というか、手で描かないと描けないといったほうが正確かもしれません。指先と脳は直結していて、脳が感じたことがそのまま指先を動かします。むしろ、指先が動くことで脳のイメージが活性化するような気がします。図面を描く作業は、自分の中では彫刻を削る作業に似ています。カタチを理解するために削るという感覚です。自宅を建てるために描いた図面は300枚にも及びました。おそらく、設計事務所であっても100枚描く事務所は少数派だと思います。私にとって図面を描くということは、お客さまに対するプレゼンのためだけではなく、何より“つくるために描く”ということなのです。

丁寧に、精緻につくる
丁寧に、精緻につくる

描くことと同様、つくることにも手間暇を掛けています。うちでは常用と社員の二人の大工がいますが、うちの大工は、墨付けから刻み、造作まで、ひと通りの大工仕事が全部できる大工です。いわゆる“手堅い細工ができる”大工で、手間を惜しみません。たとえば、下地のつくり方に、丁寧に、精緻につくる姿勢が表れています。下地は目に見えないところなので、雑でも収めてしまうことができます。でも、雑に収めてしまうと、後々ディテールが崩れてしまうことになりかねないのです。それでは時間に耐えられない建築になってしまいます。目に見えない下地づくりこそ大事、うちの大工は、頑固なまでにそこにこだわりがあって、自分が納得しない限りやり方を変えません。そして、大工が手間暇掛けられるのは現場監督である専務が、そのための環境づくりをおこなっているからこそです。二人の大工で三人分に近い動きができるのは、長年付き合っている専務が阿吽の呼吸でサポートしているからです。経験豊かな現場監督が手仕事を支えていて、これは他の職人にも同じことがいえます。経師が土佐和紙を貼るのにもあえて耳を残して貼ると仕上がりがよくなります。同じ材料を使っていても仕上がりがまるで違うのは、経験豊かな職人の手業と、それを支える現場監督というチームで仕事をしているからにほかなりません。

アトリエから生まれる家づくり
アトリエから生まれる家づくり

かつてヨーロッパを訪れたときに目にした「街のアトリエ」に自分たちの姿を映しているところがあります。有名な世界的ブランドであろうが、街の小さなアトリエであろうが、そこには描く人とつくる人の対等な関係がありました。日本では、とかく図面を描く人のほうが立場が上で、つくる人はその下、言い換えると、設計事務所が上で、工務店は下、工務店は設計事務所の言うとおりにつくればいい、という関係が目立ちます。しかし、ヨーロッパではデザイナーと職人の関係に上も下もなく、互いを尊重し、信頼関係があり、良いものをつくるためのモノが言える関係が機能しているのです。私たちが“アトリエ”を名乗る意味がそこにあり、デザイナーと職人が一体となった家づくりが名前に込められているのです。上下関係をハッキリさせておくのは楽だし、効率がいいかもしれません。もちろん、生産性を上げることは大切なことですが、それが優先されてしまうと、手元に残るものが何もないのです。私自身、ものづくりをおこなううえで、感動することがとても大切だと思っています。感動は効率からはなかなか生まれず、対等な関係だからこそ生まれるものだと思うのです。設計事務所でもつくるだけの工務店でもない、家づくりのためのアトリエ。それが「uchida建築アトリエ」が目指す家づくりのスタイルなのです。